製品・サービス

常圧乾燥機© [間接加熱方式]

本システムは、食品工場、その他製造工場、医療施設、ホテル、建設業界などざまざまな場所で発生する食品廃棄物および汚泥等を、乾燥機内で粉砕と乾燥を同時に行うため、短時間で効率よく減容し、肥料化・飼料化などリサイクル可能な原料を製造します。

常圧乾燥機

高性能

従来、乾燥が難しいと言われていたものまでリサイクルを可能にしました。
(例:もやし、うどん、米飯、ポテト、油分の多い食品残渣等)

低コスト

間接加熱方式かつ回転羽による撹拌により、内容物の変質防止、乾燥時間の短縮、省エネルギーが実現できます。

  • 乾燥時間20分〜50分(バッチ)
  • 燃料費重油換算 3〜4円/処理量(kg)
  • 電気代0.5〜1円/処理量(kg)

廃棄物処理費とイニシャル・ランニングコストの合計金額を対比すると、2年〜3年(物性による)で償却ができます。

安全

負圧密閉方式で、粉塵やにおいがもれません。
蒸気による間接加熱方式で、火災の心配がありません。

コンパクト

乾燥機本体の中で、粉砕と乾燥を同時に行うため、シンプルかつコンパクトな設備となります。連続バッチ運転で、24時間の連続運転ができます。

※コジェネレーションの排熱も有効に活用できるシステムもございます。

構造

常圧乾燥機構造

仕様

含有量80%の脱水汚泥を含有率10%の乾燥汚泥にする場合

処理量 モーター 外形概略寸法 重量
(kg/h) (KW) W(m) D(m) H(m) kg
20 2.2 1.0 1.1 1.7 700
50 7.5 1.2 1.4 2.6 900
100 15 1.6 1.8 3.5 2000
150 22 1.9 2.0 3.9 3000

※処理量が3t/日以上は特別注文で承ります。 ※標準仕様には排出スクリューが付いています。

リサイクルの流れ

(A)ホッパー

(B)破袋分別機

(D)除塵装置

(E)コンデンサ

(F)脱臭装置

Before & After

回転ブレード式破袋分別機

本システムは、自治体向け大型機から食品流通業界等の民間向けまでリサイクルの前処理機として実績をあげています。

回転ブレード式破袋分別機

高性能

  • 重量比、かさ比において約95%以上と、驚異の分別率を達成しています。
  • コンパクトなサイズながらスピーディーに大量処理します。
  • ゴミ袋に混入される金属製のナイフ、フォーク、スプーン、陶磁器なども分別できます。

低コスト

  • 長期の耐久性を要求される自治体向けの納入実績が、信頼性の裏付けとなっています。
  • 生ゴミと包装材を分別するだけでなく、缶詰や、樹脂製ボトルなどの硬い容器と内容物の分別も可能にしています。

衛生面の配慮

洗浄機能付きで衛生面に配慮。

構造

回転ブレード式破袋分別機構造

Before&After

仕様
  RB-S型 RB-I型 RB-II型 RB-III型
処理量能力 0.5t/h 0.5〜1.5t/h 1.5〜3.0t/h 3.0〜5.0t/h
動力 3.7〜5.5kw 5.5〜11.0kw 11.0〜22.0kw 22.0〜30.0kw
外形寸法
W×D×H (mm)
1700×1450×1500 2600×1600×1700 3400×2300×2450 4500×2700×2700
質量 800kg 1200kg 2500kg 3600kg
ページのトップへ